• ホーム
  • 国内株と海外株に投資することに違いは存在するのか

国内株と海外株に投資することに違いは存在するのか

薬を飲んでいる女性

近年投資に対する需要が高まり、そして将来への不安から自分で資産を運用し資産形成する人が増えてきました。
銀行へお金を預けても勝手に増える様な時代ではなくなり、自分で投資を行う事で将来へ備える事が出来る様になりました。
金融機関で簡単に投資用の口座を作る事もでき、金融商品の売買もスマートフォンで簡単にいつでも出来る様になった事も人気の理由の一つと言えるでしょう。

そんな投資には現在様々な金融商品が販売されており、目的に合わせて金融商品を選択できる様になりました。
例えば、株や債券、先物にいたるまで様々です。
しかし、各商品特徴が異なり、それぞれの特徴を知った上で金融商品を変える必要があります。
例えば、株と一言で言っても日本株もあれば海外株も存在します。
近年は海外株も日本にいながらインターネットを介して簡単に購入出来る様になりましたので、是非活用をしてみましょう。
しかし日本株と海外株の違いはどの様な点でしょうか。
まず日本株購入は手数料も安くなり、ネット証券を利用すると1回の売買で100円程度の手数料で購入が可能です。

しかし海外株は手数料が数千円する事もあり、まだまだ安価に購入できるとは言えません。
そのため、海外株を購入する際には、その手数料も加味した上で購入する必要があります。
例えば、手数料分を考えた上で利益を出す必要があり、日本株よりも高い利益を求める必要があります。
そして日本株の場合は日本のニュースを中心に知る必要があり、海外株であればその国のニュースを知る必要があります。
世界共通で注目される様なニュースは、どちらの株を購入しても日々チェックする様にしましょう。

日本株がアメリカのニュースに影響される事も少なくありませんので、世界経済の動向に応じて売買をする事をお勧めします。
日本株と海外株とではその流通量が大きく異なりますので、日本株の場合はより値動きが激しいとも言えるでしょう。

しかしどちらの株も急激な値下がりで大きな損をする可能性もあれば、大きな利益を得る事が出来るかもしれません。
特に高い興味がある企業や業界があれば、その企業の株を購入してみるのもよいでしょう。
日本株は株主優待も充実していますので、定期的に優待を得る事が出来る株を保有し運用する方法もお勧めです。
この様に、株は国が異なればその特徴も異なりますので、投資目的に合わせて購入する金融商品を選択すると良いでしょう。
両方運用する事で、リスクを分散する事もできるでしょう。

さらにリスクを抑えたいというならば、投資顧問会社に投資のアドバイスをしてもらうのもおすすめです。
ジャパンストックトレードなどの投資顧問会社では、無料で豊富な銘柄情報を提供しているほか、複数ある中から自分に合ったプランを選択することができます。
リスクを最小限に留めたいという方は利用を検討してみると良いでしょう。